凡人のためのトレーダー道場

人間の本質を見つめ、FXやビジネスへ役立てるブログ

FXセルフメンタル

相場で6つの大切なこと

2016/09/21


marbles-319938_1280

1,枝葉の話より、根本原因を探ろう


負けトレーダーの特徴として、チャートの話が大好きなようだ。
精神論を語ると眠くなるようだが、
チャートのどこで入ったか、何Pipsとったか、
と言う話になると途端に目がキラキラしている。
そんな枝葉の話なんて正直どうでもいい。

先が見えてるチャートをいくら見てもあなたのためにはならないだろう。
大事なのは自分のトレードと模範トレードを比較して違いを見つけること。
勝ったか負けたかは時の運なので参考にならない。

チャートができる前に、どこを見て、どう考えて、どう戦略を立てたのか
間違った道を歩いてる自分を見つめなおして軌道修正すること。
視点や思考パターンがプロに似てくれば自ずと結果も似てくるはずだ。

 

2,意味のない練習はするな

魂の入ってない練習は時間の無駄、
間違った事を1000回やっても上手くはなれない

ただ文字を拾ってる読書で(速読)で
本を何千冊読んでも、知識にはならない
単語の意味がわからない英語本を1000冊読んでも
英文が理解できるようにはならない。

心で記録しろ、ただひたすら回数やるだけでは意味が無い、
ちゃんと理解してなるほど!と思う事が大事
しっかり理解した事を意識しつつ、
1000回やれば、自然に結果も出てくる。

先を急ぐのではなく、
しっかりと一歩一歩踏みしめて少しずつ進んでいくのだ。
1回1回のトレードをしっかり意識して丁寧にやらないのなら、
それは練習とは言わない。ただのギャンブルと変わらない。

勝率50%のトレードをやっていて10連敗とかするようであれば
テキトーにやってしまっている可能性が高い。
その時のチャートをみると、
雑なトレードになっていたり、中途半端な根拠だったり、
規律を破っていたりしてないだろうか?

 

 

3,教科書を作るつもりで分析する

どういうトレードが正しいトレードなのかを明確にしよう。
トレードは正しいトレードでも負ける時があるから迷うことが多いものだ。

トレードが終わった時に、
正しいトレードだったのか、間違ったトレードだったのかを
しっかり明確に判断できるようになれば長期的に利益が残るはずだ。

他人に説明できないことは自分でも理解していない、ということ。

 

4,XY=勝てるポイント

X=世の中の流れ、環境
(環境認識、方向性、トレンド方向)

Y=自分ができること、得意パターン
(自分の勝ちパターン、エントリーパターン)

環境と自分の得意な勝ちパターンが一致している時こそ、
勝てる確率は高い。
確率が高い(期待値が高い)ということは
長期的に見れば利益が残るという図式が成立する。

 

5,勝てない戦はしない

島田紳助は勝てない時は仕事の現場にいかない。
何度怒られても行かない。
おばあちゃん相手に自分の漫才をやってもわからないから
現場に行く意味が無い。と本人は言う。

コイツには勝てないな、という相手がいる時は
漫才を披露しても自分に対する周りの評価が下がる。
だから行かないのだ。バックレる。とても合理的だ。

かの有名な孫子も勝てない戦いは、
どのように被害を最小限に抑えるか、どううまく負けるか、
だけを考える。決して勝とうとは考えない。

名将は勝てる時しか戦わないから常勝将軍なのだ。

トレードにも全く通ずる話で、
ほぼ確実に勝てる!というところだけ勝負しよう。
それで負ける時もあるが正しい所で入ったなら
正しいトレードと言えるだろう。

未だに結果が出ていないようなら、
もしかしてちょこっととってやろうとか
中途半端な根拠でトレードしてませんか?

1トレードずつ慎重に丁寧に分析して
やって行くことで結果も出てくるだろう。

 

6,パクる、真似る

0から作るより、上手い人から漫才をパクったほうが早い、島田紳助
自分が得意なスタイル、面白い漫才をしている先輩からスタイルをパクる。

トレードも同じで「自分が好きな勝ちパターンと同じスタイル」
の人からパクる。

徹底的に真似して深掘りしていけばそのパターンだけで勝てるだろう。
勝ってる人はたいていワンパターンである事のほうが多いものだ。

「勝てる方法」があってもそれがスキャルなら私はやらない。
スキャルは忙しかったり、リベンジしたくなったり、怒り狂ったり
自分の性に合っていないということを痛いほど経験してきたからだ。

自分がデイトレードのほうがゆっくり落ち着いてできるから
そのスタイルを崩したくない。
エントリーしたら放っときたいのだ。

自分と同じスタイルの人から学んだほうが良い。
そしてそのやり方を盗むのだ。

トレードは漫才やスポーツで天下を取るより
遥かに単純でかんたんだと言えるだろう。

-FXセルフメンタル