凡人のためのトレーダー道場

人間の本質を見つめ、FXやビジネスへ役立てるブログ

FXセルフメンタル

世の中は絶妙なバランスで調和を保っている

2016/10/17


uploaded
バランス感覚とはなんだろう?
「あの人凄いバランスで奇跡的だ!」
という人がいるが、

世の中、ほとんどの事が絶妙なバランスの上に存在している

バランス感覚とはなんだろう?

「あの人凄いバランスで奇跡的だ!」
という人がいるが、
多くの場合、物事は絶妙なバランスの上に成り立っている

料理だって、ちょっと塩をひとつまみ入れると辛いし、
ひとつまみ足りないと味が薄いと感じるだろう。
丁度いい味付けはほんのひとつまみの差なのだ。

気温もそうだ。
人間が生存可能な温度の範囲は意外と狭い。
42℃を超えるとタンパク質の凝固が始まって死んでしまうし
体温が35℃を下回ると免疫力が低下し
私たちは、たちまちウイルスに侵されてしまうだろう。

生態系や食物連鎖の場合
ある一つの生態が増えすぎると
それを天敵とする種が減ってしまい、
減った種を捕食する種が絶滅してしまい、
生命が上手く循環できなくなる。

大気中の酸素がなくなると
酸素を必要とする生物達は一瞬で死んでしまう。
濃すぎても薄すぎてもダメだ。

太陽と地球と月
地球の重力の関係、月があるから絶妙なバランスで重力がある。
電磁波、太陽線、紫外線などもオゾン層や磁場などで守られている
複雑すぎて詳しいことはよくわからないが。

人体や力学、強弱関係もそうだろう
強い人がいるから弱い人がいる、でも弱い人がいないと強い人は存在しない
敗者がいるから勝者がいる、敗者がいないと勝者は存在しない
奴隷がいるから主人が助かる、でも、主人がいるから奴隷は生きられる
心臓のポンプも縮むから膨らめる、膨らめるから縮む事ができる
歩行も右足を前に出したら左足があるから歩くことができる
食物を食べるから排泄する、排泄するから次に食べることができる
働く人がいるから会社が儲かる、会社が儲かるから給料を貰うことができる
人生も悪いことがあったからこそ、後で良い人生だったと言える
苦難を乗り越えたからこそ、成長した自分がいる。
成功者はひと目のつかない所で泥臭い地道な努力をしているのだ。

 

物事は全て絶妙なバランスで、調和を保っている

孫子の言葉で、陰陽和して元となす、という言葉がある。

良いも悪いも含めて考える。
良いと悪いは2つで1つなのだ。
(この辺のことは中国の思想、菜根譚という本に詳しく書かれている)

しかし、

バランスが少しでも崩れると
世の中のあらゆることが狂ってしまうのだ。

通常、多少の崩れはすぐに修正しにかかるが、
修正できなかった場合のこととしよう。

 

バタフライ効果という言葉がある。

バタフライ効果バタフライこうか、英:butterfly effect)とは、
力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、
その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。(
wikiより引用)


風が吹けば桶屋が儲かる
、ということわざがある。

風が吹けば砂埃のために目を病む人が多くなり、
目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとするから三味線を習う人が増え、
三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。
そのため、猫の数が減少し、猫が減れば猫が捕まえる鼠の数が増える。
鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになり、
桶屋が儲かることから。(wikiより)

ココでは少しでもバランスが崩れると
その影響で大きな事態に発展しかねない。ということ。

 

雪崩、を例に上げると、

雪山は微妙なバランスで耐えている、
ちょっとでもヒビが入って崩れてしまうと
大規模な雪崩になりかねない。

小さなキズが連鎖反応を起こして
次々と破壊し、力が増幅し、大規模な雪崩に発展していく。
バランスが一旦崩れると一気に全てが崩れ去ってしまうのだ。

 

不良との小競り合いも、夫婦喧嘩も、
大抵の場合トリガーはとても些細なことだろう。

恋愛もキッカケはほんの些細なことのはずだ。
それが付き合うことになり、結婚し、人生を共にする(かもしれない)

ぷよぷよ
その連鎖を意図的に起こさせるゲームだ。
一度はやったこともあるだろう。

 

そして相場も絶妙なバランスで保っている

上昇トレンドで、そろそろ反転、そろそろ反転、
という所で絶妙なバランスでレンジとなり耐えている、なかなか落ちない、
だけど、みんなそろそろこの辺で、と待ってたので、崩れた時は一気に崩れる

バタフライ効果で1分足の小さな反転パターンが出たから1分足で崩れて、
その影響で15分足のサポートを割って、
サポートを割った事実があるから買い控えが増え、
手仕舞いが増え、逆張りも盛んになり、高値が切り下げ、
その勢いで1時間足のサポートを割って、、、
週足で長期の流れは下だから本流に戻って下落再開し、
と、次々と連鎖反応が起きる。
(多少は戻りをつける時もあるだろうが)

そのような場所を狙ってトレードすると
大きなリターンを得ることができる。
結果的にリスクリワードの良いトレードが可能になる。

 

コツコツドカンをよくやってしまう人は
バタフライ効果がマイナス方向に働いた時の例だろう。

トレードルールを「今回だけ」破ってしまい、
それが今度こそは、と悪い癖になり、
それまでの積み上げてきた資金を大きく減らしてしまい、
その結果自暴自棄になって良くないトレードやポジポジ病になってしまい
取り返したい一心から、いつの間にかただのギャンブルになっていて
更に資金を大きく減らした経験もあるだろう。
(私がそうだったように。。)

 

相場分析をするときは

チャートのこれまでのプロセス今の価格パターンも重要だが、
「ココを割ったら上位足でどうなるか?」を常に考えておこう。

もしココを割ったら、上位足でも崩れるパターンが完成して、
そこが崩れたら、更に上位足でもトレンド継続になるから、、、
と、先を読めるようになると、崩れやすいところに
あらかじめ気づくことができる。

そうすれば多少外れても伸びる可能性は高くなるだろう。
まずオトリ作戦で敵が食いついて来るから、
囮が引きつけている間手薄になった本陣を攻める、と言った具合だ。
3手先まで読む。
ただ、論理的に先を読むのと、
自分の希望で勝手に妄想するのとはまた違うので
そこは注意が必要だ。

バランスが崩れるところをピンポイントで探し
そこを集中的に狙っていこう。

 

余談。

最近、シェークスピアのハムレットの映画をみた。
それまでは何が良いのか理解できなかったが、
まさにバタフライ効果を物語るかのうようなストーリーで
世界中の人が感銘を受ける意味がよくわかった。
(というか色んな意味が多重に含まれている台詞や物語)

今日の記事でなるほど!と思った方は
数千円+4時間足一本の時間を投資して、
見てみることを是非おすすめします。

-FXセルフメンタル